• TOMO

運気の悪い人の側には近づくな??




こんにちは

星とタロットの言葉を伝えるフォーチュニスト

TOMOこと平川智子です。



今日はちょっと厳しい意見になるかもしれません。


よく スピリチュアルの話の中で出てくる

「運気の下がっている人の側にいると

波動が下がって自分も落ちるから

近づかない方がいいよ」ってお話。


一度くらいはみなさんも

聞いたことがあるのではありませんか?



これ、ある意味では真実です。


波動って、共鳴作用によって人の気を受けてしまうし

精神状態だけでなく

身体のどこかが痛かったり不快だったりするだけで

人の波動って、簡単に落ちてしまうんですね。


マイナスなことばかり言う人は波動も低いし

一緒にいて居心地が悪くなるから

当然、人も運も味方してくれません。



けれど、運気が低迷する時期というのは

全ての人に訪れること。


少し前まで仕事もプライベートも絶好調だった人でも

突然の変化に見舞われることだって少なくありません。


もちろん、その責任の根本は

その人自身にあるのだけれど


それだけで片付けられないタイミングの悪さ(運気)だって

やっぱりやっぱり、あるのですよね。



で。

逆に考えてみてほしいのです。


自分の運気が下がっている時

本人だってどうにかしたくて悩んでる時

周りの人たちに

「あの人 運気が悪そうだから近づかないでいようね~」

なんてささやかれたら

あなただったらどうですか?


羽振りのいい時にはたくさん人が集まってきても

下降しはじめた途端に手のひらを返すってこと

特に男性の社会では多いことですが

女性社会においてだって

この考え方でいけばとっても危険です。



正確に言うならば


『いつも不平不満しか言わない人』は

「マイナスの気を呼びやすい人」なので

近づかない方がいいけれど


そういう「マイナスの気を呼びやすい人」と

『普段普通にポジティブだけど運気が低迷期に入っている人』とは

ちゃんと分けて考えましょうね、ということです。



運気が落ちている時ってね

そりゃあ、お肌状態も悪くなるし

笑顔にも覇気が無くなってしまうものですよ。


けれどそんな時期は

全ての人に平等に訪れるんです。


そこを分けずに、運の悪そうな人・場所を避けていると

結局 神様にも周りの人にも信用されなくなって

逆に自分の運気を落とすことになるのですよね。



あなたの「選択基準」は大丈夫ですか?


周りがどんな状況になったとしても

自分の波動が高ければ

全く問題ありません。


それが「自立したHappy」の在り方。

周りに左右されるのは

まだまだ自立してない証拠です。


一時の状況に惑わされて

大切な友人や人脈

ましてや自分の大切な運気すらも

損なわないようにしてくださいね。



TOMO

google-site-verification=zwXls_SVGwIVvECWDIMpaASJMMum-dy8dzoMLHL_zUU