• TOMO

「こころの向き」の大切さ

こんばんは

星とタロットの言葉を伝えるフォーチュニスト

TOMOこと平川智子です。


今日の広島は大雨の一日

歩く道も水だまりがたくさんできて

レインブーツにしとけばよかったと

後悔したくらいです(汗)



天体がなにかと騒がしいこの7月

火星の大接近&逆行や

日月食シーズンや

おまけに今月末には水星も逆行を始めるなど

占星術家のブログネタには困らない1ヵ月ですね(笑)


ブログでは「毎日の星読み」がテーマなので

この度 始めたメルマガで

詳しいことは書いていこうと思っています。



さて天体がどうであっても

現実に起こることを左右するのは

他でもない、「受け手」である私たち。


ここのとこ、

きっちり落とし込めてるでしょうか?


星の影響はもちろん、否応なくやってきて

喜びを与えたり試練を与えたりするのですが


どちらの運気がやってきても

「その時の自分にとって必要な流れだ」と受け止める人と

「やだやだ、なんで自分ばっかりこんな思いを・・・」と反発する人とでは

その後の運気に雲泥の差がでるのです。


これ本当に怖いんですよ。

人間の「脳」を侮っちゃあいけません。


スピでもなんでもなく

現実的に「脳の仕組み」の問題なのですよ。



例えば、先日2度に渡って開催したお話会のテーマ

「天王星」にフォーカスしてみると


天王星がやってくる時って

必ずしも「ワーッ」っとした煌びやかなものではありません。


天王星は新しい風を運んできて

ステージ移動を促す星ではありますが


そうなる前には当然のごとく

「破壊」「刷新」「決別」という

激しい変化が訪れてこそのもの。



なのでその「ドッカン」がやってきたとき

どれだけ自分の未来を信頼できるか

どれだけ自分が守られているかを信頼できるか

全てはそこにかかっているんです。



日々の小さな運気もそう

1ヵ月単位の中期的な運気もそう


起こること全てをどう捉えるかで

未来までも変わってしまうと気付いたら

うっかり マイナスの方向になんて

考えられなくなっちゃうのですよね(笑)



そうした精神面の「鍛錬」も

行っていくのがこのコラムでありメルマガでありセッションですから


このサイト&平川にご縁を頂けたみなさまは絶対に

「運をプラスに活用する人」になりましょうね(^-^)



それではまた。


メルマガまだ登録してないよって人は

ぜひ一度見てみてください。


解除はいつでも簡単にできますからね(笑)


有益な情報 たくさん発信していきますよ♡



TOMO





google-site-verification=zwXls_SVGwIVvECWDIMpaASJMMum-dy8dzoMLHL_zUU